海外姉妹都市交流 受入ホストファミリー


姫路市には6都市1城の海外姉妹都市・城があり、青少年交流を目的に、毎年親善大使として中高生が姫路市を訪れます。
当財団では彼らを受け入れてくださるボランティアホストファミリーを随時募集しています。
ホストファミリーとして登録すると、親善大使および引率者の来姫が決定した際に、ホストファミリー募集の案内が届きます。

7月 中国・太原市中高生が来姫します!ホストファミリー募集!
※募集は終了しました。

7月6日(木)~12日(水)、姫路市の海外姉妹都市である中国・太原市から中高生約10名と引率者1名が来姫します。 滞在中、家族の一員として迎え入れてくださるホストファミリーを募集しています。日常生活を通して、国際交流をしませんか。
募集チラシはこちら
過去の様子はこちら

  


海外姉妹都市交流 親善大使および引率者受け入れの流れ

1. まずはお問い合わせください

ホストファミリーにご興味のある方は、お気軽に当財団にお問い合わせください。
TEL:079-282-8950

2. ボランティアホストファミリーの登録

イーグレひめじ3階の事務所にお越しください。アクセスはこちら
ホストファミリーについて、内容を確認いただいた後の登録となります。
登録用紙にあらかじめご記入いただき、持参していただくとスムーズです。
※登録用紙はこちら <記入例

3. ホストファミリーの決定

海外姉妹都市から親善大使および引率者の来姫が決まると、ホストファミリー募集の案内をお送りします。
希望者の中からホストファミリーを決定し、受入前に「ホストファミリー説明会」を開催します。
受入期間中は事務局がサポートいたします。

4. ホストファミリー終了後

「ホストファミリー報告会」を開催します。
ホストファミリーを体験し、良かったことや困ったことなど、率直な感想をホストファミリーの皆さんで話し合い、受入のまとめをするとともに今後に活かします。

受入スケジュールの例

フェニックス(アメリカ)
太原(中国)
アデレード(オーストラリア)
昌原(韓国)
過去の受入の様子はこちら

ホストファミリー体験談

● 実際に姉妹都市からの中高生を迎えたご家族のご感想
● これからホストファミリーをされる方へのアドバイス

受入Q&A(よくある質問)

Q1 いつ、どこの国からどんな人を受け入れますか。
主に夏季には中国からの中高生と引率者、冬季には韓国からの中学生と引率者を受け入れます。アデレード市からの引率者も対象です。
Q2 受入期間はどのくらいですか。
約1週間です。(アデレード市引率者は約2週間)
Q3 両親が共働きなのですが、平日の昼間はどうしたらよいですか。
来姫した生徒および引率者は、平日は終日財団主催のプログラムに参加しますので、家にいることはありません。
朝と夕方に生徒をイーグレひめじ(もしくは市役所)へ送迎をしていただく必要はありますが、多くの共働きのご家庭が実際にホストファミリーをされています。
Q4 英語や他の外国語が話せません。大丈夫ですか。
ご家族に英語もしくは受け入れる生徒の言葉を話せる人がいることが望ましいですが、絶対条件ではありません。
伝えたい、知りたい、という気持ちがあればジェスチャーや筆談、会話帳などを使って十分コミュニケーションをとることができます。
事務局もサポートしますのでご安心ください。
Q5 生徒に個室を提供できません。大丈夫ですか。
個室は必ずしも必要ではありませんが、ある程度プライベートを確保できる空間がある方が望ましいです。
例えば、着替えなどのために布で仕切られた空間を作るなどの工夫をしてみてください。
Q6 来姫する生徒と同世代の子供がいませんが、いいですか。
問題ありません。ホストファミリーには、小さなお子様がいるご家庭、大人だけのご家庭も多いです。
Q7 ボランティアということですが、ホストファミリーが負担するものは何ですか?
主に滞在中の食事です。外出先の施設入場料や交通費は生徒個人が負担します。
Q8 初めてホストファミリーをするので自信がありません。大丈夫ですか?
大丈夫です。受入前には説明会を開催し、ホストファミリー経験者の体験談を聞くこともできます。
事務局もサポートしますので、不安な点や滞在中に困ったことがあればすぐにご相談ください。
リラックスして、家族が1人増えるような気持ちで受入を楽しんでください。